オリジナル小説

オリジナル小説を公開しています。短編から長編まで、ジャンルもいろいろバラバラです。

公開している小説投稿サイトは「ベリーズカフェ」「野いちご」「ノベマ!」「LINEノベル」になります。

 

あなたがいない夏が幾度となく巡る

主人公の谷口夏芽は、大学が始まって早々意気投合した美佳に言われるまま、イケメンハントをしていた。しかし、そこで出会ったのは、大学の入試で時間ギリギリにやってきて、たまたま隣の席だった男の子、橘翔だった。なんとなく翔のことが気になった夏芽は、同じ講義を受けたあとに翔に声をかける。しかし、彼はなんと幽霊だった。

現在の夏芽(28歳)が学生時代を振り返りつつ、新たに出会う恋とそして友情の物語。

読む 👉 ノベマ!

※第5回スターツ出版文庫大賞に参加中!

キーワード:友情・恋愛・純愛・幽霊・青春・切ない

いつかの君、まだ見ぬ人へ

いつかの出逢った人、そしてこれから出逢うまだ見ぬ人へ。人と人とが繋がる物語。

読む👉 LINEノベル

キーワード:バトン小説・人生・恋愛・家族・友情・夢

最終電車で逢いましょう

出会いと別れを繰り返す、人間のごくごく日常的な中で、彰子はいつでも自分のしてきた選択に後悔してきた。恋愛、友情、家族、結婚、そして離婚。

いくつになっても、大人という存在がわからない大人たち。そんな彼らの一生の物語。

読む👉 ベリーズカフェ 野いちご ノベマ!

キーワード:不倫・恋愛・人生・友情

窓際の風鈴

失恋をきっかけに、全く知らない土地へ逃げるように引っ越した。

古くて家賃の安い部屋を借りて、新しい生活を無理やり始めた。しかし、そこは妙な部屋だった。

読む👉 ベリーズカフェ 野いちご ノベマ!

キーワード:恋愛・人生・幽霊・ちょっとファンタジー・事故物件

ひとり暮らしは肉じゃがの味

社会人1年目で、彼女ナシ、仕事は残業続きで生きる楽しさが何もない日々を送っていた僕。ひとり暮らしをはじめて、まともな食事をしていなかったところに、美味しいおすそわけを持ったおばあさんが現れた。

ひとり暮らしをすることで感じる人のありがたみ。少しずつ大人になっていった僕の物語。

読む👉 ベリーズカフェ 野いちご ノベマ!

キーワード:家族・ひとり暮らし・新社会人・恋愛

あなたの中の愛しい人

本当に、どうしようもなく、好き。大好き。

でもその人は、年上だし、私に振り向いてくれるはずがない。きっと彼には、好きな人がいて、忘れられない人だっている。

そんな恋をしたことはありませんか?

もし仮に、好きな人に忘れられない、どうしようもないくらい好きな人がいたとしたら、あなたはどうしますか。諦めますか?

はじめて人を好きになったと感じるのに、相手は自分の知らない誰かを見ている。

どうしても好きな相手が、そんな遠くにいたら、あなたはどうしますか。

読む👉 ベリーズカフェ 野いちご

キーワード:恋愛・片想い・失恋・歳の差

あの頃の僕らは

「あの頃は、よかったなぁ」
そう思い返しても、今更どうすることもできない。あの日、あの時、もし違う行動をしていたら、俺は、俺たちは一体どうなっていたんだろうか。

どうしようもないけれど、でもなにか満たされない気持ちを抱えたまま社会人になり、時が過ぎていっていたある日、懐かしい人物が目の前に現れた。そこから、また五人の運命が繋がっていく。

読む👉 ベリーズカフェ 野いちご ノベマ!

キーワード:友情・青春・仕事・現実・結婚

美しくも残酷なこの世界に

僕にはなぜか、人の心の”声”が聞こえた。

でもいつも”声”は怒っていて、人に対する憎しみや恨みや嫉妬であふれていた。

だから僕はもう、生きることをやめたかった。

永遠に、声が聞こえない遠くへ、行きたかった。

※バッドエンド苦手な方はご注意を

読む👉 ベリーズカフェ 野いちご

キーワード:高校生・ミステリー・現実・悲しい

ぶるうとぱあず

「可愛くねぇ女」と声をかけて来たのは、一匹の野良猫だった。

野良ネコの声が聞こえる少女と、その猫の成長の物語。

読む👉 ベリーズカフェ 野いちご

キーワード:猫・恋愛・成長・家族

タイトルとURLをコピーしました