好きな作家の映画と本『愛がなんだ』

Sponsored Links

花平成の終わりまでのカウントダウンをはじめ、何かにつけてみんなが平成の終わりだと騒いでいる中、夫婦で映画を鑑賞してきた。平成最後の日を好きな小説家の好きな作品で閉める、なんて幸せ。と思いきや、すでに何度も「愛がなんだ」を映画で観て、愛ってマジでナンナンダ状態になってしまった。

 

以下、ネタバレを含むため「愛がなんだ」を読みたい・観たいという方はご注意を。

「愛がなんだ」を読んだのは、学生時代の失恋後だったと思う。その時は、主人公山田テルコの気持ちがよくわかった。一日の間に何度も携帯をチェックしたり、偶然を装って出会えないかなと考えたり。そんなこと、片想いをした人間ならば誰にでも一度くらい経験はあると思う。時を経て、映画が公開されると聞き読んでみたが、今の私にとってはテルちゃんの行動はイカれている、になってしまった。

映画でも本でも、中盤まで恋にどっぷり浸かることができるテルちゃんはある意味バカだけど幸せだなぁと感じた。一生懸命に恋ができる時って、人間にとってほんの一瞬だったりする。以前幼い頃の片想いが一番最強だと話したが(記事はこちら→)片思いってやっぱり最強だと思う。だって、ちょっとしたことで一喜一憂できる。ほんの些細な一言で、天にも昇るし地獄にも落ちる。恋って、面倒くさいけど、本当にすごい。

私はどちらかというと、テルちゃんやナカハラくんの部類に入る。好きになった人に、好きな人がいてもいい。片想いのまま、実らなくたっていい。そう、10代の頃は思っていた。「幸せになりたいですね」というナカハラくんの姿が、恋愛に傷ついていたときの自分の姿に見えた。

一方、田中守や葉子のような人は、私の中でモテる人という部類に入っていたが、マモちゃん本人が言っていたように自分は友達も多くないしイケメンでもないわけで、別にモテる人ではないわけである。マモちゃんも葉子ちゃんも、テルちゃんやナカハラくんが自分に少なからず好意を持っていることは明白な気もするが、ちゃんとした言葉で示さない限り、人には伝わらないものなのか。それとも、恋愛にもやっぱり上下関係みたいなものが存在するのだろうか。

片想いばかりが続いていく話で誰もカップルにはならいが、人は手に入りにくいものばかりを追いかける傾向があるのかもしれない、と漠然と思った。私の妹や友人にも、とにかく追いかけたいというタイプの人がいる。とにかくどこまでも追いかけ続けたいので、逆に追いかけられるのはたまらなく辛いらしい。好きだと言われると、どんなにいい人だったとしても拒否反応を起こしてしまうんだとか。マモちゃんとテルちゃんや葉子ちゃんとナカハラくんの場合は、自分の好きなタイミングで拒絶して、いい時だけ呼びつけるという感じではあるが、そういう人たちは、自分のことを大切にしてくれる人のことを好きになれたら世界は丸くおさまる。でも、そうはいかないのが恋愛である。「愛するよりも愛される方が幸せよ!」なんてセリフをいろんなところで耳にするが、それも正解ではないと思う。本人にとって、どんなにこっちを振り向いてくれない相手であってもその人の代わりになる人はいない。理性的にこっちの方がいいだろうと考えて選択することではなく、自分の気持ち次第で納得できるかできないかだけで決まってしまうこと。だから、恋人でもないけど呼ばれたら家に行って、泊まって、「帰って」と言われたら帰る関係も、その人の中では成り立っているのだろう。逆に、呼んだら来てくれて、帰ってと言ったら帰っただけの人と思っている人には、悪気もないのかもしれない。「好きになれたら楽なのに」とさえ思っている可能性もある。本当に、恋愛は難しい。

学生時代は、科学の法則でイケメンと美女が付き合うみたいなルールがあるが、大人になってからは本当に違う。モテる人だからと言って、すんなり恋が成就ずるとは限らない。恋愛において、やっぱりルールなんてないのではないか、ただの運みたいなもので回っているだけではないか、と改めて思った。

角田光代の作品で「くまちゃん」という本がある。これも、片思い小説だが面白い。片想いについていろいろ考えたいという方は、「愛がなんだ」と「くまちゃん」をおすすめする。ぜひ、令和になった今日、愛ってなんなんだと悩んでみてはいかがだろう。


Sponsored Links

The following two tabs change content below.

凛子

小説家を夢見る主婦。「通りすがりの人の身体のどこかにあるほくろくらいどうでもいい話」をコンセプトに、このブログで3分で読めるエッセイを執筆。小説家になろう・カクヨム・アルファポリスにてオリジナル小説を公開。