小説投稿サイトを考える

Sponsored Links

あじさい

梅雨のせいかなんなのか、最近気持ちがどんよりしている。歳を一つとったせいかもしれない。

タイトル通り、私はこれまで「小説家になろう」を手始めに「アルファポリス」「カクヨム」などで落選した作品を載せていた。

でも、ネット上の小説なんて恐ろしい数があるし、私のしかも落選した小説はなかなか読まれることはない。

色々考えて先日きれいさっぱり辞めて一つの投稿サイトだけに絞ると言ったものの、実際に読んでくれている人の多さなどを調べてみて、新しいものとこれまでのものを合わせて4つにすることに。

いろんな投稿サイトがあって機能とか利用者数とかにいい悪いがあるけれど、作風の問題もあると思う。あとは読者層。

実は昔からネット小説って苦手で、携帯小説が流行っていた時代にその世代真っただ中だったものの、私はいつも紙ベースの本で読書するのが一番好きだった。

ヤクザとか暴走族とか、異世界転生ものとか、もちろん面白い話もあるけれど私には書けないし、ちょっと苦手な部類。だから、ネット小説もどこも私には合っていないのかなぁという感じがしている。

ただ、なぜか「野いちご」「ベリーズカフェ」は、他の「小説家になろう」「アルファポリス」「カクヨム」より読まれている傾向が強い。たぶん、読者層の問題なのかな。

なので、この2つは今後も引き続き投稿していこうかなと考えた。新たに「LINEノベル」「ノベマ!」に登録してみたけれど、どちらもほぼ閲覧者がいない状態。やっぱりネット上の小説って、難しいと思った今日この頃。

まあ、小説投稿サイトに載せる小説は、出版社に応募し落選したけど自分的にはかなり思い入れがある作品だけを残しておこうかなと、軽く考える方針で行く。あとはやっぱり、とにかく新しい作品を書いて送る。これに限る。

ついでに、これを書いていると外から子猫の鳴き声が聞こえてきて集中できず、雨降る中外を見に行くと二軒となりの空き家の排水溝に子猫がいるのを発見してしまった。まだ小さくて、おそらく生後一か月ほど。

昨日の仕事の帰り道、子猫の鳴き声がどこかから聞こえて来てキョロキョロ見ていたのだが、発見できなかったけれど、おそらくこの子がずっと鳴いていたんだろうと思う。どうしようもなくなって、保護してしまった。(我が家にはすでに野良だった子が2匹、スコティッシュが1匹いる)

さて、どうしたものか……。

Sponsored Links

プロフィール
2あそこのほくろ

小説家を目指す主婦。「通りすがりの人の身体のどこかにあるほくろくらいどうでもいい話」をコンセプトに、このブログで3分で読めるエッセイや日記・読んだ本の紹介など自由に記録中。

小説づけの日記
あそこのほくろ
タイトルとURLをコピーしました