前川ほまれ『跡を消す』

Sponsored Links

第7回ポプラ社小説新人賞の受賞作、前川ほまれ『跡を消す』。

前々から特殊清掃の話に興味があり、たまたまこの作品は自分の誕生日に読むこととなった。

孤独死や自殺。わけありの死のあとの清掃業を営む「デッドモーニング」で主人公は働く。

ひとこと感想を言うなら、

人は生き方も死に方も違う。

ひとことで済ませるとずいぶん薄っぺらいが、特殊清掃に関する詳細はリアル。でもサラサラ読める。自分の誕生日に、いろいろと考えさせられるものがあった。

単行本はこちら↓

文庫本はイラストがいい感じ↓

Sponsored Links

タイトルとURLをコピーしました