長くずっと小説家を目指して書き続けて来たものの、なかなか芽が出ず、結婚して主婦になってもまだ書き続けるただの一般人の小説・エッセイ・日記が読めるホームページである。
「通りすがりの人の身体のどこかにあるほくろくらいどうでもいい話」をコンセプトにのんびりと更新中。

本の話

最近読んだ本たち

日記にも書いた通り、とにかく小説をたくさん読もうと思い立ち、この週末2冊読んだ。 いまは、空しか見えない posted with ヨメレバ 白尾 悠 新潮社 2018年05月22日 楽天ブック...
小説づけの日記

新たな世界

小説講座に参加して数日が経った。 年齢性別もバラバラで、小説家を目指している人、すでにデビューしている人、小説書いてみようかなと思っている人、読むのが好きで参加している人、いろいろ。 参加して初日で思ったことは、友達と呼...
小説づけの日記

過去は忘れる人は変わる

書きたいことはたくさんあるけれど、いろいろと考えているうちにどんどんまとまらなくなっていってしまうので、日記という形式でこれから淡々と書き連ねていこうと思う。 実は先日、大学時代のゼミ仲間に連絡した。何年振りか。5年以...
映画の話

好きな作家の映画と本『愛がなんだ』

平成の終わりまでのカウントダウンをはじめ、何かにつけてみんなが平成の終わりだと騒いでいる中、夫婦で映画を鑑賞してきた。平成最後の日を好きな小説家の好きな作品で閉める、なんて幸せ。と思いきや、すでに何度も「愛がなんだ」を映画で観て、愛ってマジ...
人生の話

3分あれば読めるエッセイ「忘れられない朝」

朝、目覚ましが鳴る。しかし、いつも私が起きる時間ではない。だとしたら、家族の誰かが目覚ましを鳴らす時間を間違えたのだろう。 なかなか鳴りやまない目覚まし。それでも、私は布団から離れられなかった。誰か、早く目覚まし止めろ、と思いながら、...
本の話

最近読んだ本『結婚相手は抽選で』

土曜の夜11時半から大人のドラマという枠がある。ドラマなんて最近は滅多に観ないのだが、たまたまそのときはヒマつぶしで観てみた。そして、そのままハマってしまい、本を読んでみることに。 最近は結婚しない若者が増えて、結婚年齢も上が...
恋愛の話

3分あれば読めるエッセイ「たったひとりが振り返ればいい」

”異性の友達”と”別れても友達”というこのふたつは、私にとって都市伝説である。 自分でいうのはなんだが、私は友達が多い方。でもその中に男友達というものはいない。ちなみに、見た目男性で中身が女性という友達はいない。知り合いとしてなら、い...
人生の話

3分あれば読めるエッセイ「ひとこと」

私が最短でアルバイトを辞めたのは、4時間働いた翌日だった。 大学生になったばかりのときに、人生で初めてアルバイトをしようということになった。高校ではバイトは禁止で、唯一許されていたのは郵便局の年末年始アルバイトのみだった。実際...
恋愛の話

3分あれば読めるエッセイ「恋人との正しい別れ方」

私の主人は、私と付き合う前に7年付き合っていた恋人がいた。 恋人とそこまで長い年月を共にしたことがない私にとって、7年付き合ったのに別れるとはいったい何ごとなのか、と結婚した今でも考える。主人以外にも、私の友人にも同じような経...
恋愛の話

3分で読めるエッセイ「プロポーズまで」

愛する人が目の前で跪いて、小さな箱を取り出す。中にはキラキラ輝くダイヤモンド。「結婚してくれますか?」というセリフ。 このプロポーズと呼ばれる儀式を行うにあたって、男性も女性も命を懸けていると言っても過言ではない。 私の友人は、...
タイトルとURLをコピーしました